ブラック企業の定義とは?ばっちり解説する総合情報サイト

>

照らし合わせてみて!あなたの会社はホワイト?ブラック?

あなたができることは?まずここを押さえて

ブラック企業に自分や家族が勤めているかもしれない?
では、あなたがしていくことをご説明します。

まずは、雇用契約書や、労働時間のメモなどで、劣悪な状況について証拠を得ておきましょう。
もし、仕事が原因で病院に通ったりしているならば、診断書も証拠になりえます。
日記を書いておくことも大事です。
その際には、日付、言われたことやされたことを必ずボールペンで書いておいてください。
シャープペンなどでは書き直しがきき、十分な証拠にならないかもしれません。

このような証拠をそろえておけば、転職や、もし裁判になったとしても、こちらが優位で事を進めていくことができます。

まずは、あなた自身の状況を振り返ってみることが大事。
自分ではなく家族の場合も、大事です。

あなたができることはもっとある!

では、もっとブラック企業に立ち向かうにはどうしたらいいのか?

まずは、弁護士などの専門家に相談してみましょう。
相談無料のところも多いですから、労働問題が得意な、かつ地域の弁護士さんであればあなたの相談にもきちんとのってくれて、具体的にどうすべきかをアドバイスしてくれるでしょう。

弁護士以外にも、労働基準監督署に相談することもできます。
労働所在地一覧が厚生労働省のサイトにありますので、お住まいに合わせて相談してみましょう。

最近では、労働問題に特化したNPO法人もあります。
いくつかあるようなので、あなたの抱える問題に合うNPO法人を調べてみましょう。
会社についてあなたが考えている不安や疑問に真摯に答えてくれます。

仕事はもちろん大事ですが、それよりもあなたが満足して働けているかどうかが問題です。


この記事をシェアする