ブラック企業の定義とは?ばっちり解説する総合情報サイト

>

ブラック企業の定義と条件とは?

おや?夜遅くまで電気がついているなあ

ブラック企業の実態ってどれくらいご存知でしょうか?
長時間労働とはどのくらいまでなのでしょうか?

ある人の経験談では、月曜日から土曜日まで仕事、ひどいときには日曜日も。
終電で帰ることができればまだラッキーな方で、基本的には会社で寝泊まり。
そんな企業が世の中にはあるのです。

もし、あなたが勤めたい職場にブラックかも?という噂があったらどうしますか?
「そんなことないもん!」と押し切るのは待って。
勤めたい職場に行ってみましょう。
終電間際に時間まで、ずっと会社に電気がついていませんか?
もちろん、それだけでブラック企業とは言い切れません。
しかし、繁忙期以外でそのような状況が続いている場合、ブラック企業かもしれません。

なんだかおかしい?もしかしてブラック?

おや、あなたの勤めたい会社から社員さんが出てきましたね。
仕事にやりがいのある、晴れ晴れしい顔ですか?
それとも、疲れ切っていて元気が無かったり、イライラしている人が多いですか?
もしかしたら、ブラック企業かもしれません。

また、ブラック企業だと、やけに大人数を採用し続ける傾向があるようです。
ブラック企業と分かると多くの人がすぐやめてしまうので、すぐに新たな人材が必要になりますからね。

普通の企業だと、実績を上げれば昇進するものですが、ブラック企業ではそんなことは少ないようです。
もし自分の勤めたい企業があるならば、昇進はどのようになされるのか聞いてみましょう。
あまりにも極端な例が出てきたら要チェック!
あなたに誠実に対応してくれる企業を探しましょう。


この記事をシェアする